途切れない流れを

企業において、業務における一部の、または全体の一連の流れを、機械化するということは珍しくありません。もちろんそこにはそれらを監視・管理する人間の存在は欠かせませんが、本来人間では行いきれないような業務を、機械化することによって、より高い効率性、そして高い質を実現しているのです。それは、企業における人件費削減など、コストを減らすことにも影響しています。それを行うことには、安易に行っているのではなく、確かな意味合いがあるのです。さて、企業においては欠かせない業務であると言える、『マーケティング』を、自動化(オート化)するということには、そこに確かな意味合いがあると分かります。まず、マーケティング業務そのものが、非常に正確性の高いものとなります。人間のようにヒューマンエラーを起こす可能性がなく、もしシステムに問題が発生しても並行処理を行うならそれを回避することができるからです。

また、現代ではマーケティングにおける、もっと大切な部分が重要視されています。それは、顧客の『データ』を活用するということです。本来大切に扱われるであろう個人のデータは、どのようなものなのでしょうか。なぜそれが、活用されるのでしょうか。