自動化するマーケティングオートメーション

物事を考えること、そして作業を行うということ、そういった一連の流れは、昔でも今でも基本的な部分は変わっていないと言えます。しかし、現代において、その流れにおける手段の活用方法が、大きく変わってきているといえます。『機械化』という言葉を使われることもありますが、本来人間が全ての作業を行ってきた行為において、機械という立場が、その役割の大きな部分を占めているようになったのです。

そして近年では、いわゆる『AI』に関する話題が事欠かなくなりました。いわゆる『人工知能』によって、多くの業務が人間に変わって置き換えられるのではないか、という心配事もありますが、それを管理する人間がいるかぎり、それは無くならないと言えます。さて、少し本題から話が離れましたが、げんだいにおいてそのように何でも『機械化』、『自動化』を行うことには、何らかの意味が必ずあるということで、それはプラスに働くことを想定されているので、導入されるものでもある、ということです。

さて、私達個人ではそういった場面はあまり思い浮かべられないかもしれませんが、企業という単位においては、その『自動化』や『機械化』というものは非常に重要な手段となっています。単に製品を生む過程におけるものではなく、いわゆる『システム』を自動化…オート化することにより、さらに生産性等を向上させることができるようになっているのです。その一つが、『マーケティングオートメーション』です。