ソフトウェアによるデータ分析

データという存在は、まさに企業にとっては、欠かせない資産であると言えます。それはまさしく本来の意味であり、それがあるのとないのとでは、大違いだからです。ユーザーから取得した『データ』は、それぞれのユーザーに、どのようにアプローチが可能か、という点も分かる、重要なデータなのです。マーケティングにおける大切な段階に、『データ分析』という段階があります。それはまさに、ユーザーから取得した、無数の『足跡』を、実際にこれからの開発やマーケティングに生かしていけるように、行うものです。これらの分析は、いわゆる『マーケティング』と直結しているのですが、それを自動化する『マーケティングオートメーション』を導入することによって、それらの流れが、より一元化されて、正確なものとなります。人間が一つ一つ行っていくよりも、はるかに効率が良い方法なのです。

マーケティングオートメーションを取り入れるなら、そういった処理を、複数のシステムにおいて動作させる必要はありません。それらのマーケティングに関係する処理は、全て一つのソフトウェアで行うことができます。だからこそ、高い生産性を実現し、それを今後の開発等に「直接」つなげていくことができるのです。